まことのまったりブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 防災訓練

<<   作成日時 : 2012/01/15 14:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

つるうめもどきの実



きょうは、区自治会の「防災リーダー実戦訓練」なるものに参加してきました。
各学区ごとに今日は4ヶ所で行われたようです。100人ちょっとは居たかな。?
まず、3斑に別れ順次周りながら講習を受けて行きます。
おいら達は1番目にAED(心肺蘇生装置)の使い方、即席担架の造り方など学びました。
毛布等と棒2本を用いて作る担架です。よくこれでずり落ちないものだと感心しました。
あと、棒は有るが毛布等が無い時は? これは着ている服を脱いで2本の棒に服を
通して担架にします。5〜6枚の服を使わないと強度的に担架にならないそうです。
また、毛布等は有っても棒が無い時、毛布だけで運ぶ方法など教わりました。
毛布も棒も無い時は抱えて被災者を運ばなくてはなりません。
これも楽な抱え方、運び方を教えてもらいました。

次は、避難所の間仕切りの組み立て、縦1.8m 横1m位の段ボール板を一壁を
3枚繋ぎ合わせて4,5畳程の部屋を作ります。出入り口にはカーテンが架かります。
これは初めてでも簡単に組み立てれました。便利な物が有るもんだ。(^^♪
4人位は生活出来るんじゃないかな。「寝るに一畳、座るに半畳」の諺より。

続いて、防災備蓄倉庫の中身を拝見しました。簡易トイレ、数種類のテント、飲食物
ガソリン、携帯ガスボンベ、発電機、・・・・・ etc
いろんな物が準備されていました。この中で非常食の「山菜おこわ」を食べました。
う〜ん、不味くも美味しくもない無難な味かなぁ ・・・ ?

最後は、「東北大地震」のビデオを見ました。これは「多賀城市」の記録でした。
地震の揺れから始まり、その後津波が押し寄せ一瞬のうちに町が破壊されて
ゆく様子が細かく写し出されていました。津波が去った後の町は跡形も無く
壊されていました。
その後、消防団などの人命探索、救助の活動、各組織、団体などの参加によって
その活動は広がって行きます。避難所の生活、ボランティア活動など ・・・
やがて復興を目指して活動を始める市民。
涙もろいおいらは涙が出てきました。

〆て2時間程度の講習で、身に着くまではとても至りませんが何か起こった
時はそのように動きたいと思いました。
とても良い経験になりました。またこんな機会が有れば参加したいと思います。


いつも有難う御座いますm(__)m
人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
防災訓練 まことのまったりブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる